Oculus社が開発,販売を行った、スタンドアロン型ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Go」
Oculus Goが販売を開始してから約2ヶ月。月日が経つのもあっという間です。
今回は、Unityを使用した簡単なアプリケーション開発を行ないました。

Oculus Goとは

2018年5月発売を開始したVRヘッドマウントディスプレイ。
その最大の特徴は、PCやスマホなどの外部機器を基本的に利用せずに、本体のみでハイクオリティなVR体験が可能という点です。
外部機器のスペックに左右されず、安定した環境でVRを体験できるのは大きな強みです。
本体価格の安さや、安さと反比例するかのような高性能ぶりには驚かされます。

今回のアプリ開発は、そんなOculus Goを使いたいと思います。

簡単なゲーム開発

開発はUnityを使用して行きます。

ひとまず、今回は初めての開発ということで、簡単な玉転がしゲームをOculus Goで動かしたいと思います。

まずは簡単なステージを作成、Unity公式のチュートリアル、玉転がしゲームをベースにしています。

ステージにちりばめられたアイテム(下記画像 緑色の物体)を回収して行き
各トラップ(下記画像 赤色の丸)を踏まないように気をつけようと言った具合です。
簡単なものですが、VR空間でみて見るのが楽しみです。

PCからOculus Goへの接続

OculusGo本体を開発者モードへ変更させてください。
スマートフォンの「Oculus」アプリや、PCから変更することが可能です。

Oculus GoをPCに接続をしましょう。

開発者モードにしたOculus Goを、PCにマイクロUSBで接続します。
一度、Unityの画面でプラットフォームをAndroid端末に切り替えます。
その後、Unityで細かなセッティングをして、VR対応に変更します。

VR対応ができましたら、早速データをOculus Goに送りましょう。
ゲームデータを送信すると自動でゲームが始まります。

もし起動しない場合は以下の様に「ライブラリ>提供元不明>ゲームデータ名」を選んで起動する事もできます。

実際の動き

Oculus Goを装着すると、先ほど作ったステージが手元に置いてあるような位置にあり、ステージ全体を上から見下ろしています。

ボールを動かすのは、本体付属コントローラのタッチパネル。パネルの四方をタッチするとボールがそれに倣って動きます。
コントローラ本体の傾きで操作するのとは違い、制御がし易いかと思えばそんなことはなかったです。
赤い丸のトラップにひっかかると、ボールがどこかへ飛んで行ってしまい、一番最初の状態にリセットされます。

ボールが遥か彼方に飛んで行くのを見送るのは、何とも切ない感情が湧き上がってきます。
ボールが落ちていくよりも、VRならではの「動き」になったのかなと思いました。

おわりに

非常に簡単ではありますが、Oculus Goでのアプリ開発でした。
VRの可能性は幅広く、今回の開発だけでも得るものは大きかったと考えています。
以上、Oculus Goのアプリ開発でした。