中田です。
最近マーカーレスのARkitやARcoreの出現によりARが注目を集めておりますが、昔から存在するマーカーARについても
マーカーレスにはないメリットが存在します。今回はその辺りをまとめて紹介したいと思います。

ARマーカーレスのメリット


ARkitやARcoreがそうですが、マーカーレスARのメリットとしてはなんといって床面や壁面に自由に3Dモデルなどのコンテンツを配置できることですね。
マーカーを用意せずとも自宅でもどこでも簡単にARを体験できるのは大きなメリットかと思います。
また、配置した後も回転・移動可能ですので、ちょっと手間はかかりますが特定の位置に配置というもの実現できます。


参考:Lego AR Studio App https://www.youtube.com/watch?v=fE_lLXi32KY

ARマーカーのメリット


一方で、マーカーARはマーカーを特定の場所に配置し、その場所に3Dモデルなどを配置できます。
つまり特定の商品などに紐付けてARを出すことで、そこでしかできない体験を提供することができるのです。
美術館で作品それぞれの情報を来館者にARを通じて提供する、というのはマーカーありきで成り立つものだと思います。


参考:https://www.youtube.com/watch?v=_9i-JuBXi40

さいごに


マーカーARがARkitなどで埋めれてしまいがちですが、それぞれ用途に応じてメリットデメリットがあるので、
その辺りを見極めてコンテンツを制作していくといいかもしれません。
ちなみにARKitも画像認識できるようになりましたので、マーカーレスARもマーカーARも実現できちゃいます。
試したことがない方は是非トライしてみてください。