2018年の始めから一気に認知度を上げているバーチャルYouTuber、
通称「VTuber」。
現在では日本のYouTuberトップ10位にもランクインする「キズナアイ」ちゃんが、
テレビの冠番組を持つまでになっています。
さらにここ数ヶ月で「VTuber」の数は、約10倍以上に。
ひとつのジャンルとして、どんどん発展していっています。

この「キャラクターが何かをする」という手法が、爆発的に発展しているのは、
VRやモーションキャプチャー技術が発達し、身近なものになってきているからでしょう。

そこで今回は、「キャラクターになる!」をテーマに、
なる為の手段や配信するツールの一部をご紹介したいと思います。

因みに、「スクイーズ」を求めて「竹下通り」を歩き、場違い感に心が折れそうになった羽根田です。
もちろん「スクイーズ」は、自分の為ではなく、友人の子供の為です。

はじめに


冒頭で「VTuber」について触れましたが、
今回ご紹介する内容は「VTuber」に限った事ではなく、「キャラクターになる!」
という事をテーマに、
様々な角度から方法やツールをご紹介していきたいと思います。

キャラの準備


キャラクターの制作は、イラストや3Dモデル制作の知識があれば自作も可能ですが、なかなか大変です。
そこで今回は、無料で使える3Dモデルキャラクターの一部をご紹介します。

無料で使えるキャラクター達


世の中には、素晴らしい方々によって配布されている、
無料で使えるキャラクターが多々存在します。
本当にありがたい事です。
そんなありがたーい存在のほんの一部を紹介します。
なお、使用や配信に関しては、制限や条件がある場合がありますので、各配布先の規約を見て自己責任で行ってください。

Unityちゃん

いつもお世話になっております。
動画など配信する場合は、ライセンス表記が必要です。↑画像の右下です

中野シスターズ

かなり自由度が高いです。
2人いるので、友達とキャラクターになりたい時は、重宝するかも!?

キャラに入る


キャラクターの中に入って、モデルを動かす方法は、
大きく分けてモーションキャプチャーとVR、画像解析の3つがあります。
今回はそれぞれ概要と代表的なツールをご紹介します。

モーションキャプチャー


身体にセンサーを着けて人間の動きを3Dモデルへ反映させキャラクターを動かします。
光学式や磁気センサーを利用したものなど様々な製品があり、高い精度のキャプチャーが可能です。
デバイスによっては、指のキャプチャーも可能なので、キャラクターを自由に動かす事が出来ます。

PERCEPTION NEURON
磁気センサーと慣性センサーを利用したモーションキャプチャーデバイスです。
身体に付けるだけで大掛かりな設備を必要とせず、個人やイベントなどの利用に最適です。

OptiTrack
光学式のモーションキャプチャーデバイスです。
カメラを複数台セットし、身体にセンサーを付ける必要があり、大掛かりな設備となりますが、
空間内の位置把握や複数人のキャプチャーが可能なので、スタジオ撮影などに適しています。

VR


ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)とコントローラーを使ってキャラクターを動かします。
頭の位置と手の位置などから、人間の身体の動きを計算してモデルへ反映させます。
指の動きは、パターン化してコントローラーで操作する事も可能です。

HTC VIVE
センサーで囲まれた範囲を自由に動き回る事の出来るVRデバイスです。
HMDとコントローラー以外に、VIVEトラッカーという独立したデバイスを使うと、
全身の動きをキャラクターに反映させる事が出来るようになります。

画像解析


カメラ映像から解析された身体の動きや表情を2Dのイラストや3Dモデルへ反映させて、キャラクターを動かします。
Webカメラを使った簡易的なものや、iPhoneXなど赤外線カメラを使った高精度のものがあります。
顔の表情や指の動きなど、細かい部分を動かすときに使用される事が多いです。

Webカメラ
カメラの映像を元に、画像解析を行い表情を分析します。
安価なものだと1000円代で購入できるので、手軽にキャラクターに入ることが出来ます。
この手法は「FaceRig」などが取り入れています。

iPhoneX
iPhoneXのインナーカメラには、赤外線センサーが搭載せており、
顔の位置や形、パーツの動きなどを判別する事が出来るので、より自由にキャラクターを動かす事が出来ます。

そしてキャラになる!


さて、キャラクターを用意して、動かすツールを選定したら、
後はキャラクターになって動き、配信するだけです。
正直、自分で動いてるだけでも結構楽しいのですが、
折角なので配信しましょう!

動画配信


冒頭でも触れた「VTuber」が正にこれですね。
キャラクターになって色々やって、それを録画しておいて、編集して。。。
と実際は結構大変なのですが、
ドカンと人気が出れば広告収入なんてものもありますし、
知名度を上げる場合は、マストな方法となります。

現在、「VTuber」のトップは「キズナアイ」ちゃん。
訪日促進アンバサダーにも就任してしまった強者です。
2017年は毎日動画をアップしていた努力家でもあるようですが。

VR


2017年の中頃から徐々に盛んになってきた、
VR空間内でユーザー同士がコミュニケーションを取れる「VRChat」。
「VTuber」の勢いと共に、かなり盛り上がってきているようです。
自分の作ったキャラクターで他の人とコミュニケーションを取る。
正に「セカンドライフ」ですね。
その他、VR空間内でキャラクターを配信できるサービスはいくつか存在します。

VRの中で動くと、
自分の動かしている手や足が見えますし、鏡があれば自分が見れるので、
「キャラクターになる!」を一番感じられるかもしれません。

配信の観点だと、有名なキャラクターがイベントを行うスペースという感じでしょうか。

AR


「ARKit」や「ARCore」の出現により、
キャラクターを現実世界にオーバラップさせる事が可能になりました。
僕もオフィスに等身大の某キャラクターを出す!
なんて事をよくやったものです。

グゲンカさんがキャラクターの3DデジタルフィギアをARで鑑賞できるアプリを作っていたり、
カバー株式会社さんがキャラクターのライブをARで視聴できるアプリを作っていたりします。

ARは、現実空間へのオーバーラップが強みなので、
フィギア鑑賞など自分だけ的なコンテンツも面白いですが、
配信の観点だと、地域や場所など限定的なコンテンツとの相性も良さそうです。

アイデアクラウドの場合


ここまで、「キャラクターになる!」をテーマにアプローチやツールをご紹介してきましたが、
アイデアクラウドでは、これらの中から最終的な目的に対して最適なものを選択して開発を行なっています。

キャラクターの準備に関しては、
ゼロからの制作は勿論、既存のキャラクターから3Dモデルを制作する事も可能ですし、
最終的な配信プラットフォームやモデルと人間の連携システムに合わせた制作も可能です。

キャラクターとの連携に関しては、
複数のデバイスを組み合わせたシステムの開発が可能です。
全身はモーションキャプチャーで動かし、顔の表情は画像解析で行うなど、
動かしたい部分に合わせて最適なツールを使い分ける事が可能です。

キャラクターの配信に関しては、
動画の収録、編集、配信は勿論、VR・ARアプリの開発やイベントでの配信なども可能です。

これから更に盛り上がるであろうキャラクターの活用。
アイデアクラウドでは、アバターインタラクティブコミニュケーション事業を中心に、
今後もキャラクターを使った様々なコンテンツを展開していく予定です!