1週間を写真とともに振り返る、Developer’s One Week!
今週は、AR開発でオフィスに缶詰状態。オフィスにこもっていたので椅子の重要性を再確認しました。
写真は東京代表とUnityChanです。

HakaruARリリース


火曜日、赤外線を用いた空間認識技術「Google Tango」を利用した、誰でも手軽に「測れる」アプリ、
「HakaruAR」をリリースしました。
↓こちら、特設サイトです。
http://a-r-tech.net/hakaruar/

測りたい場所に標準を合わせてボタンをタップしていくだけで、距離を測ったり、面積を測ったりする事が出来ます。
「Google Tango」の技術は赤外線の反射を利用しているため、赤外線照射機構と専用のカメラが必要で、2017/7/28現在、対応端末は、Phab 2 Pro(Lenovo)とZenfone AR(ASUS)の2台となっています。
お持ちの方は、是非アプリをお試しください。
些細なことでもレビューを頂けると嬉しいです。
↓こちらダウンロードページです。
https://play.google.com/store/apps/details?id=inc.ideacloud.HakaruAR

アプリを試したい方は、端末を買いましょう!!逆に。
↓こちら、Phab 2 Pro(Lenovo)について
http://www3.lenovo.com/jp/ja/smartphones/Lenovo-PB2-690M/p/ZZITZTPPB4M

↓こちら、Zenfone AR(ASUS)について
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-AR-ZS571KL/

ご注目いただいております


水曜日、VRを軸としたビジネスメディア「VR Inside」の25日人気記事Top5で、「HakaruAR」リリースを取り上げて頂いた記事が1位となりました。ありがとうございます!
↓気になるTop5はこちら
http://vrinside.jp/news/vrnews-161/

AR技術の活用が、バーチャルに関わる業界全体で注目されているのを感じました。
改めて「VR Inside」様、いつもありがとうございます。

Google Tangoを利用した開発について


「Google Tango」を利用したアプリケーションの開発は、「Project Tango」の時代からスタートしており、
現在も同技術を利用した様々なアプリを開発中です。
そのため、活用方法や技術に対する知見はかなり蓄積されています。
今後も「HakaruAR」の他に、いくつかアプリをリリースする予定なので、
ARで出来ること、ARだから出来ることなど、現実を拡張して何かをしたい方は、是非お声がけください。
↓お問い合わせはこちらから、是非!!
http://ideacloud.tokyo/develop-days/contact

オフィスにゾンビ!!!

怒涛の8月へ


こもりっきりだった今週ですが、来週以降もオフィスにこもる予定です。
9月からの実装とされている、AppleのARKitを利用したアプリケーションの開発も進んでおり、
暑い8月はクーラーの効いたオフィスでの開発が続きそうです。
体が鈍らないように気をつけながら、開発邁進します。