1週間を写真とともに振り返る、Developer’s One Week!
今週は、先日オープンした「VR ZONE SHINJUKU」へ遊びにではなく、勉強しに行ってきました。

マンション防災を勉強


土曜日、汐入公園にてマンション防災の勉強会に参加させて頂きました。
何百人、何千人もの人が入るマンションの防災は、組織的でとても難しいことなんだと感じました。
組織としての動きには、個々のモチベーションや意識が欠かせなくなってきます。
個々の防災意識を高めるためにも、防災VRをうまく活用できないかと考えさせられました。
「自助」、「共助」、「公助」という言葉も覚えました。
写真は、汐入公園をグルっと囲う隅田川の夕焼けです。
この地区は高層マンションが多く立っていて、生活感のある良い町でした。

潜入!VR ZONE SHINJUKU


火曜日、先日オープンした「VR ZONE SHINJUKU」へ行ってまいりました。
あくまで目的は勉強です!!
館内入ってすぐに、NAKED.incの手がけたインタラクティブなアート空間が広がっていました。
照明とプロジェクションマッピングを組み合わせているそうです。
この規模のマッピングは圧巻ですね。素晴らしい。

体験したVRコンテンツは、全部で4つ。

「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」
「マリオカート アーケードグランプリ VR」
「ホラー実体験室 脱出病棟Ω」
「急滑降体感機 スキーロデオ」

それぞれの内容の説明は割愛させて頂きますが、 
どれも素晴らしいクオリティーで非常に没入感高かったです。
開発者として一番驚いたのは、殆どのコンテンツが開発にUEを使っていたところです。
VRにとって一番重要なレンダリングの部分を考慮してなのか、
これからUEをちゃんと触ってみようと思いました。
あとは、やはりこれからのVRには、連動する筐体が必須になってくると改めて感じました。
コンテンツ内容にもよりますが、考えさせられます。
因みにホラーコンテンツは周りを気にせず絶叫しました。
マリオカートは2位でした。

と言いつつARの開発


と言いつつ今週の開発は、完全にAR三昧。
VRの開発で培った知識を元に開発奮闘しております。
3D空間の把握の仕方などは、VRと同じなので似ている部分はあるかなと。
しかし、現実空間と仮装空間が混ざることでこんなにも未来感が増すのかとワクワクしております。
今月も残り僅かになってきましたので、来週も開発に邁進いたします。
VRの開発、コンテンツの改修も出来れば並行して。。。